たまに乗るバイク乗りの日常ブログ

バイクをメンテしたり、ツーリングしたり、バイク模型を作ったりしてます。

「Galaxy Gear S3 Frontier」で、「Facer」アプリを使ってみた。

さっそくGear S3をいろいろいじって遊んでいます。
おもにウォッチフェイスをいろいろ見て回って、良さそうなものを入れてみたりしていますね。




少し調べたところ、「Facer」というアプリを使うことでも様々なウォッチフェイスを使えるようになるらしい。


さっそくインストール!

スマホ側のPlayストアで検索したらすぐにアプリを見つけられました。


さっそく使ってみようと思います。









あらかじめ、スマホとGear S3とをペアリングしておきました。



その後、Facerアプリを起動し、画面の指示に従って初期設定していきました。


途中で、「Facer Companion for Gear S2/S3」というアプリを入れるように英語で指示していたので、それもインストール。
これでFacerアプリを使えるようになったはず。









その後、Gear S3の時計画面で、液晶を長押し。

この操作をすると、ウォッチフェイス変更画面へすぐにいけるのですが、その中に「Facer」というのが入っていました。
これを選択しておきます。


いつの間にインストールされたのかな??
もしかしたら、これが「Facer Companion for Gear S2/S3」のことだったのかもしれませんね。
















次は、スマホの「Facer」アプリへ。

有料、無料合わせて、すごくたくさんの種類の時計画面がありますね。
とりあえず無料のものから選んでみます。















オメガのウォッチフェイスがありました。

時計に矢印のアイコンをタップすると、このフェイスをGear S3にダウンロードできます。


あとで分かりましたが、全部で7つまでしかダウンロードできないみたいで、それ以上ダウンロードすると古いものから消えていってました(笑)


なので、とりあえずいいなあと思ったものは、上にあるハートマークのボタンをタップして、お気に入りに入れておくといいかと思います。
お気に入り機能を使うには、アカウントを作ってログインが必須ですけど。













試しに、オメガのウォッチフェイスを入れてみました。

ふむふむ、なるほど。
だいたいFacerアプリからのダウンロードの仕方はわかりました。















いろいろ入れてみました!






これはいいですね〜
いろんなメーカーのレプリカや変わったデザインのフェイスを見つけることができますよ。
















時計画面を3回すばやくタップ。



こうすることで、Facerの設定画面を出すことができます。
ここで、右に進めばダウンロード済みのフェイスを選択することが可能。

Facerを使う場合は、この操作は必須ですね。






Facerアプリの使い方はこんなものでしょうかね。
他にも、自分で時計画面を作成したりもできるようです。
でも、めんどくさそうなのでやってません。
人が作成して無料で公開してくれているものを使わせていただくだけで私はじゅうぶんです(笑)



まだ数日使っただけですけど、このスマートウォッチって、スマホの通知をチェックできるのがすごく便利な気がします。
メールやLINEの通知や、カレンダーからの通知、ショッピングアプリからの発送の連絡の通知などが、スマホを取り出さなくてもわかります。
人によっては、一度使いだしたら手放せなくなるんじゃないでしょうか。



ちなみに、この「Galaxy Gear S3」は、android端末だけでなく、iPhoneでも使えるらしいですよ。
でも、iPhoneなら「アップルウォッチ」を使ったほうがいいでしょうけどね。