たまに乗るバイク乗りの日常ブログ

バイクをメンテしたり、ツーリングしたり、バイク模型を作ったりしてます。

XJR400Rのメーターリングを交換。 安物から純正品へ

XJR400R納車時に、安物の新品メーターカバーを付けてもらっていました。
でも、数ヶ月も経つ頃にはメッキの腐食が始まり、見た目が汚くなってました…
それで、裏側だけは少し前に純正品に交換しましたが、今回メーターリングの方も純正品に交換します。



「2004年モデルの純正メーターリング」

私のXJRは、2001年のカラーリングですが、なぜかメーターは2004年のものと同じものが付いてます。
なので、2004年のモデル用のメーターリングを注文しました。




安物のメーターカバーは、背面とリング込みでたしか7000円くらいでした。
でも、純正品は、背面のメーターカバーが14000円くらい、そして、メーターリング左右2個で6000円くらいします。
合計で、3倍近くの値段差ですね(汗)
でも、メッキの質がかなり違うので、それだけの値段のことはあります。






ってことで、さっそく交換してみます。











ビキニカウルの取り外し。

3ヶ所ネジで留めてあるので、さくっと外しました。














背面のカバーを外す。

左右2ヶ所ずつネジ止めされています。
ドライバーでネジを外して、カバーを取り出そうとしますが…














ヘッドライトカバーが邪魔!



横着したらだめですね〜

結局ヘッドライトもバラして、なんとか背面カバーを取り出せました。















メーターリングの取り外し。



それぞれ2ヶ所で、ネジ止めされているだけですね。
簡単に外れました。


けっこう汚れていたので、清掃しておきました。
















安物(2年使用)と純正新品の比較



安物は、新品から2ヶ月ほどでメッキがくすむようになり、その都度磨いていましたが、そのたびにどんどんメッキがダメになっていくのを感じてました。
そのうち磨くのも嫌になりました。
リングの内側なんて傷だらけです。


一方、背面のメーターカバーは、純正新品に交換して8ヶ月ほど経ちますが、まったくくすむこともなく、きれいな状態が維持されてます。
これで、純正品のメッキの質の良さがはっきりわかったので、思い切ってメーターリングも純正品に交換することに決めました。


やっぱり安物のメッキパーツは微妙ですね〜















メーターリング交換、完了!




メッキの輝きが美しい…
しばらくはビキニカウル無しでいこうかと思います(笑)