たまに乗るバイク乗りの日常ブログ

バイクをメンテしたり、ツーリングしたり、バイク模型を作ったりしてます。

才谷屋600RRタイプのアンダーカウル補修。その3 〜ステッカー作成〜

アンダーカウルのパテ埋めまでは一応終わりました。
なので、次はサフェーサーの塗装の段階になります。



ですが、今回は少し楽をしようかと思いまして、


サフェーサー塗装と、最後のウレタンクリアー塗装とを、
yoshi-wataさんにお願いしました(・∀・)



それで、現在アンダーカウルはyoshi-wataさんに預けております。







ということで、アンダーカウルのサフ塗りが終わって戻って来たら、
色塗りとステッカー貼りをしないとけませんので、
久々に自作ステッカーを作成してみたいと思います。



詳しい作り方は過去記事参照↓
http://d.hatena.ne.jp/flyman-hm/20110222


今回は、「HONDA」 という、少し大きめの切り抜き文字のステッカーだけ作成する予定です。


PCにて、このようなかんじで用紙を作成。
Photoshop Elements 10」を使って作ってみました。














スプレーのり
剥がしやすくするために、ほんの少し拭きつけます。
吹き過ぎると、あとあと大変になりますw












シルバーのカッティングシートが余っていましたので、それを使うことにしました。
カッティングシートに印刷した用紙を貼り付け。
このあと作業しやすいように、適度な大きさで切り取りました。












あとは、デザインナイフを使って、文字に合わせてひたすら切っていきます。
切るのはステッカー部分のみで、台紙までは切らないように気を付けましょう。














「HONDA」ステッカーの完成!


実際にカウルに貼り付ける際には、「リタックシート(転写シート)」を使うか、「マスキングシート」を使って貼り付けます。
私の場合は、高価なリタックシートではなく、マスキングシートを使って貼るつもりw


続きは、アンダーカウルが戻ってきてからになりますね(・∀・)





追記
ステッカーの表面にぶつぶつと糊が残っていますので、最後にシリコンオフなどで拭き取るときれいになりましたよ。




その4へ↓
http://d.hatena.ne.jp/flyman-hm/20130505/1367738185